2007年02月28日

加圧トレーニング 軽い負荷・短時間で信じられない大きな効果!


加圧トレーニング

血流に圧力を加えて脳を“だます”ブティック・ムック


加圧トレーニングの奇跡 

【内容紹介】
軽い負荷・短時間で信じられないほど大きな効果!

●成長ホルモンが約290倍に!
 免疫機能の強化、脂肪の減少、運動能力の向上に顕著
●寝たきり防止!
 脳梗塞の後遺症で9年間寝たきりだったのが、ひとりでトイレに行ける
●血管年齢が若く!
 血管が弾力性を保ち、血液が流れやすくなる
東大病院「22世紀医療センター」プロジェクトに参画!

「加圧トレーニングを始めて約8年。私の前立腺ガンも抑えられ、ヘッドスピードも格段にアップしました」
杉原輝雄プロ(ゴルファー)

「成長ホルモンが普通のトレーニングよりも、はるかに出るという研究結果があり、免疫の活性を高めるので、全身が元気になり5歳以上は若返った気がします」
石井直方教授(東京大学大学院総合文化研究科教授、専門は筋生理学)

「宇宙飛行士の宇宙での筋肉、骨量減少の対策法として、加圧トレーニングについて検討されています」
山崎由久博士(有人宇宙システム株式会社)



【内容情報】(「BOOK」データベースより)

腕と脚の付け根を専用のベルトにより、加圧(適切な圧力で締める)すると、血流が適度に制限され、毛細血管が活性化。乳酸が溜まりだし、成長ホルモンの分泌の促進が始まります。そして、除圧後に成長ホルモンの分泌は通常の約290倍に。体脂肪を分解し始め、筋肉合成が始まります。この加圧トレーニングの一部を紹介。

【目次】(「BOOK」データベースより)

プロローグ 私の生涯のテーマは加圧/第1章 筋肉隆々に憧れた結果/第2章 加圧トレーニングのメカニズム/第3章 加圧トレーニング効果を体験した人たち/エピローグ 進化し続ける加圧/特別付録 「カーツ」でする加圧トレーニング

【著者情報】(「BOOK」データベースより)

佐藤義昭(サトウヨシアキ)
1948年東京都府中市生まれ。加圧トレーニング発明者。日本加圧トレーニング学会会長。高校3年生のとき法事で正座をしていて加圧トレーニングを思いつき、自らの体を実験台に研究を進め35年以上かけてノウハウを確立。加圧トレーニング法で日本をはじめ欧米各国で特許を取得している。最近では、東京大学医学部附属病院循環器内科、米国ラトガー大学サイエンスセンター、有人宇宙システム株式会社(JAMSS)等と共同研究し、最先端医療や宇宙開発における加圧トレーニングの研究開発事業を進めている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)



Posted by バボちゃん  at 22:17 │Comments(0)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

< 2018年11月 >
S M T W T F S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
最近の記事
最近のコメント

QRコード
QRCODE
無題ドキュメント
インフォメーション
【オフィシャルブログ】 社長ブログリーダーズ
お店ブログharimaChic!
ベーシックブログベーシック
神戸・明石・兵庫でホームページ制作なら 兵庫web制作.com


まるはりMOOK本発売!

読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 10人
プロフィール
バボちゃん
バボちゃん
加古川地区のバレーボールチームをこよなく愛し続けてはや●年!!頑張っている子供達からパワーを貰ってます!その頑張っているチーム、子供達が大好きな、加古川地区のバレーボールファンの一人です。
オーナーへメッセージ
アクセスカウンタ